暖房がつけられるようになってからの猫たちのお気に入りの場所

今日は天気が良くてカメムシが湧くのでティッシュで持って外に放り出したりしながら作業をしていたのですが、猫たちが久しぶりに2匹揃って来て窓台の上に行きました。
最初は大人の猫がそこで日光浴をし、子猫は出たり入ったりした末にベッドの上で寝そべっていたのですが、暫くしたら出て行ってしまいます。
作業がひと段落して休憩がてら猫たちがどこに行ったのかとチェックをすると、大人の猫は両親の寝室の布団の上で寝ており、子猫の方は縁側のタンスの上に置かれた猫のベッドの上で寝ていました。
私が大人の猫に寄り添いなでてやったり、傍らで寝ていると大人の猫がゴロゴロ言いながらお腹を出すようにして寝始め、それはきっと私と一緒に寝れて嬉しいという明かし、と思うことにしています。
私がそこから離れると少し寂し気な目でこちらを見つめていた、ということにしてまた作業に戻りました。
暫くすると両親が仕事から帰ってきて猫たちは居間に行き、ランニング前に見に行くと大人の猫は母になでられ、子猫はテレビとテーブルの間にいます。
暖房がつけられるようになってから一番温風が来るその場所が今の猫たちのお気に入りの場所なのでした。脱毛ラボ vio 痛み

冬の寒さに負けて・・・今日も私は動かない。

最近暖かくなったかな?と思うと、まだまだやっぱり風がびゅうびゅう吹いて、寒い日が続く。冬は私にとって、とても恐ろしい季節です。何故なら寒いから!動きを止めるから!もうこんだけ寒いと、食べ物だって台所に置いといても腐りませんよ、充分冷えてますからね。しかも、普段からそんな料理なんてしないのに、更に台所に立つ気すら失せる・・・この寒さは、私の動きを封じて何がしたいのか、と半ば恨ましくさえ思う。そんな訳で、ここ最近はちっちゃなヒーターの前から動けない私。必要最低限の行動(排泄したり、歯磨きしたり)以外は、もうずっと移動しません。なんだか冬はヒーターと仲良しこよしです。ほんとにこの寒さ、生命の危機すら感じる。だから生物はみんな冬眠するんだろうね。そりゃそうだ、こんなに寒いのに動けるかい!って話だね。でも人間だってそうだ。みんながみんな寒さに強い訳じゃない。私みたいな身体の代謝が悪い人なんか、オーバーに言うと日常生活がままならない。ほんと冬眠したいぐらいだよ。いつか地球の冬がとてつもなく寒くなって、人類も他の生命と同じ様に冬眠する習慣にすればいいのではないか、と思う今日この頃。